1/72 九九式艦上爆撃機 制作4

スポンサーリンク
ビッグバナー




サイバーホビーより発売の1/72 九九式艦上爆撃機の製作記事の4回目。

機体の塗装を終了させ、デカール貼りに入りました。

デカールはFUJIMIの1/72 九九式艦上爆撃機11型 江草少佐搭乗機に付属のデカールを使用しています。

異なるメーカーの新旧九九艦爆の組み合わせのため、一部デカールが大きすぎるなど問題が生じています。

塗装

操縦席前の直接照準器等は機体色の緑を塗装後に接着しました。

機体中央のパーツを機体に差し込む穴を0.8㎜ピンバイスで広げました。

写真左のパーツは0.6㎜で機体側に穴をあけましたが、パーツを差し込む際にきつかったので、接着剤で溶かしてみたらすんなり入りました。

周囲のマスキングテープは剥がしてしまいましたが、機体前面の黒い部分を塗装しました。

HOBBYSEARCHのページにあるハセガワ 1/48 愛知 九九式艦上爆撃機 11型の塗装図を1.1倍して印刷。

それを元にマスキングテープを切り出して塗り分けを行いました。

デカール

FUJIMIのデカールを貼っている最中ですが、日の丸や機体側面の黒いデカールは問題なく貼ることが出来ました。

水平尾翼の黄色いラインは長すぎるため、前を合わせてデカールを貼り、少し時間を空けてからはさみで後ろ側を切り、マークソフターでキットになじませました。

今日は時間が無いため、ここまでですがデカール貼りの続きを行っていきます。

九九式艦上爆撃機の製作記事5はこちら!

『人気ブログランキング』に参加しています。
ポチッとクリック頂ければ励みになります。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク
PC用広告




PC用広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする