1/100 テムジン747J 製作1

スポンサーリンク
ビッグバナー




ハセガワより発売のMZV-747-J テムジン747J ラジカルザッパーを製作していました。

大体形になってきたので、製作記事を書いていこうと思います。

急にバーチャロンのキットを製作し始めたのは、来年の静岡ホビーショーでもバーチャロンの展示を行う予定で、今年はバーチャロンの枠には参加していなかったので、来年は参加しようと思ったからです。

バーチャロンはスーパーロボット大戦でしか接したことが無く、作るならチーフか軍曹、フェイのどれかでした。

そこで、今年は誰も製作していなかったラジカルザッパー付きのテムジン(チーフ)を製作しはじめました。

腕部の加工

腕の工作を今回は書いていきます。

赤枠で囲ったパーツは、ラジカルザッパー付きのキットで追加された肩アーマー内に入れるパーツです。

肩を上げた状態での展示になるので、肩アーマー内のスカスカ感を解消するために追加されたと思います。

追加パーツのため接続用のピンは存在しないので、塗装後に接着します。

肩アーマーは接着しないで、塗装後に組み立てられるようにしました。

写真に撮り忘れましたが、肘の黄色いパーツは接続ピンがゆるく、こちらも塗装後に肘の軸のパーツに接着します。

上腕は強度のことを考えて後ハメ加工は行いませんでした。

なので、色分けはマスキングで行います。

このキットは殆どの関節のクリアランスに余裕があります。

しかし、肘関節部分だけは余裕が無く、肘を曲げると干渉する部分が出来てしまいます。

なので、赤い線を引いた部分を削り、クリアランスを確保しました。

ハンドパーツの握りこぶしはグレーのパーツはすべて接着。

手の甲の白いパーツは塗装後に接着します。

以上で腕の工作は終了です。

1/100 テムジン747Jの製作記事2はこちら!

『人気ブログランキング』に参加しています。
ポチッとクリック頂ければ励みになります。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク
PC用広告




PC用広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする