1/144 ヒュッケバイン 製作6

スポンサーリンク
ビッグバナー




ヒュッケバインの製作記次の6回目。

今回は腕と膝関節の加工についてです。

腕の加工

肩アーマー

胴体側への灰色のパーツは強度のことを考えて挟み込んで前後のパーツを接着。

ダクトのようなパーツは前後の固定ピンを削って、塗装後に接着して取り付けるようにします。

肩関節、上腕はキットのままです。

肘関節カバー

正面中央の動力パイプがパーツの抜きの関係で、一部無駄な部分が付いていて再現が不十分です。

パイプ部分を削り落とし、コトブキヤのメッシュパイプユニットの外径2.5mmを使用。

キットの形状になるようにパイプを曲げてから内側に瞬着を流して固めました。

適切な形に切り出して関節カバーに差し込みました。

前腕

後ろ上側の凹モールドは一度くり抜いて0.5mmプラ板で作り直し。

手首の関節の軸が見えにくくなるよう、前腕のボールジョイントの位置を修正しようと思ったのですが、ブラックホールキャノンを持つのに問題が出そうなので、キットのままにします。

キットのハンドパーツをビルトビルガーのものにしてみました。

これに合わせてヒュッケバインのハンドパーツの接続軸の基部を縮めます。

膝関節

こちらのパーツ後ろの動力パイプも肘関節同様に交換しました。

パイプの基部はコトブキヤのモビルパイプの3.5mmに2.7mmの穴を開けて使用。

上は太腿に干渉してしまうので、キットより外側に出るようにプラ板で位置を変更しました。

※追記

上の写真の加工だと膝を曲げたときにチューブが干渉してしまいます。

下の写真を参考にしてください。

ブラックホールキャノン

これさえ無ければ手首も加工できるのですが…

一応、台座なしでも保持出来ました。

1/144 ヒュッケバインの製作記事7はこちら!

『人気ブログランキング』に参加しています。
ポチッとクリック頂ければ励みになります。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク
PC用広告




PC用広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする