1/144 ダイゼンガー 製作2

スポンサーリンク
ビッグバナー




コトブキヤより発売の1/144 ダイゼンガーの製作記事の2回目。

おおまかに1/144 ダイゼンガーを組んでみました。

大きすぎて撮影ブース内にぎりぎり入りましたが、とても写真撮影は出来ません。

どうしたものやら・・・

床から肩の赤い突起の先端まで約45cm、0.5kg間隔で計測可能な体重計で1.0~1.5kgの間を計測していたので、重量は1kg以上はあります。

メガサイズモデル ガンダムより大きく、重いキットです。

その重量と接地面積の少なさから棒立ちも不安なので、コトブキヤのベースを支軸2キット分使用して支えにしています。…まあ、気休め程度ですが。

足の裏前半分に接地面積を増やす引き出し式のパーツがありますが、見た目が悪くなるので使いたくはないです。

これで斬艦刀をもたせた日にはどうなることやら。

斬艦刀の軽量化は必需です。

キットは装甲裏のパーツの分割部分が微妙で大きな隙間があったりするので、いつもの通り接着剤で接着して溶けた部分をムニューと出して埋める方法が出来ません。

時間短縮の為、瞬間接着剤で埋める方法にしましたが、瞬着は硬化すると削るのが大変ですが、硬化を使うのでスプレー乾燥時間が無いため、表面処理にかかる時間はパテより早いと思います。

写真のように分割位置も変なことにあります。

ガンプラ(GX魔王)との比較

Mk-Ⅱとサイコガンダム以上の体格差です。

1/144 ダイゼンガーの製作記事3はこちら!

『人気ブログランキング』に参加しています。
ポチッとクリック頂ければ励みになります。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク
PC用広告




PC用広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする