FA:G スティレット 製作1

スポンサーリンク
ビッグバナー




コトブキヤより発売のフレームアームズ・ガール スティレットを製作しています。

フレームアームズは轟雷系のキットを3つ製作したくらい轟雷が好みです。

FA:Gも轟雷を製作するつもりでしたが、こういったキットを製作したのはずいぶん前にコトブキヤより発売されたホイホイさんのみで、製作のノウハウがあまりありません。

いきなり轟雷を製作するより、それ以外のキットを製作してノウハウを得ようと思いスティレットを製作し始めました。

目的からすればキットをストレートに組めばいいのに、気が付けばモデリングサポートグッズをいくつも購入して組み合わせていました。

フレームアームズの時と同様にドツボにはまりつつありますw

頭部の加工

頭部を塗装しやすいように後ハメ加工を行いました。

また、おさげはパーツの合わせ目が目立つので黒い瞬間接着剤を使用して合わせ目の段差を埋めました。

入り組んだ部分があるので、それなりに固い黒い瞬間接着剤ではなくポリパテなどを使用して段差を埋めた方が加工しやすかったと加工後に思いました。

写真中央の右頬あたりに来る髪の毛の先端が丸くなって鋭くないので、削って鋭くしました。

組み立て後にはあごに来るチンガードとフェイスパーツの間に入ってあまり目立たなくなるので、加工しなくてもいいかもしれません。

肌色の首への接続パーツを固定する頭部内のパーツ正面を切り欠き、後ハメ加工を行いました。

青いヘッドギア状のパーツは中央にパーツの合わせ目がきます。

段落ちモールドにしてもいいのですが、説明書の作例では合わせ目を消してあるのでここも後ハメ加工を行いました。

後頭部の髪の毛のパーツを上の写真の位置で分割。

上の写真で赤く線を引いた部分を削り、分割した髪の毛の下のパーツを差し込めるようにしました。

また、分割した髪の毛の下のパーツを差し込むのに、ヘッドギア状のパーツ前方を左右に開いていて差し込むので、接着部分の強度に不安があったので接着部分内部にプラリペアを盛って補強しました。

髪の毛の部分を分割した後に組み立ててみたところ、パーツ同士の保持力が低く、パーツがずれてパーツ間に隙間が出来てしまいました。

隙間が出来てしまった後頭部は、塗装終了後に隙間が出来ないように接着してしまおうと思います。

FA:G スティレットの製作記事2はこちら!

『人気ブログランキング』に参加しています。
ポチッとクリック頂ければ励みになります。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク
PC用広告




PC用広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする