1/72 零戦52型丙(六〇一空) 製作

スポンサーリンク
ビッグバナー




ハセガワより発売の1/72 零戦52丙を、艦隊これくしょんで実装されている艦上戦闘機 零戦52型丙(六〇一空)として製作しました。

変更点は尾翼の番号と着艦フックの取り付け。

尾翼の番号を以前製作したタミヤ 1/72 晴嵐の使用しなかったデカールを加工して使用。

説明書には着艦フックは取り付けず、胴体の穴を(何かで)埋めるように指示がありますが、艦隊これくしょん仕様なので、艦上戦闘機として着艦フックを取り付けました。

艦隊これくしょんのゲーム内では、任務(クエスト)で烈風(六〇一空)と交換できるので、一度も使用しないで交換してしまいました。

零戦52丙はどんな零戦か興味が出て、タミヤ以外の零戦の出来も知りたかったのもあり、製作しました。

キットについて

キットの箱にはタミヤは2013年、ハセガワのは2009年と書かれており、後から作られたタミヤの方が操縦席内の内装が充実しているなど、キットの出来がいいです。

しかし、タミヤから発売の52丙は1/48スケールしかないので、ハセガワはラインナップが充実していると思います。

結構バリがあり、主翼や胴体のパーツが接着面で外側に反っているなど、組み立てるのに少し手がかかりました。

後、制作してみたい1/72の62型はどのメーカーからも発売されていないので、どこかしら発売して欲しいところです。

せっかく、大和ミュージアムに実物があるのですから、設計は可能だと思うのですが。

零戦52丙の加工

・計器盤裏

52丙は計器盤に13㎜機銃用のパーツを取り付けるのですが、このパーツのせいで計器盤が垂れさがってしまったので、裏側にプラリペアを使い、補強しました。

・シートベルト

付属のデカールにはシートベルトは無いので、タミヤの零戦のデカールを使用。

・照準器

これもキットには付属していないので、タミヤの零戦のものを流用。

付いていればいい程度なので、取り付け位置など正確でないかもしれません。

・ピトー管

FineMolds製の1/72 日本海軍機用の真鍮製のものを使用。

・主翼の機銃

銃口をピンバイスで開口しました。

完成した1/72 零戦52型丙の記事はこちら!

『人気ブログランキング』に参加しています。
ポチッとクリック頂ければ励みになります。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク
PC用広告




PC用広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする