コトブキヤ メガミデバイス 兼志谷 シタラ Ver.カルバチョート 製作2

スポンサーリンク
メガミデバイス
スポンサーリンク


コトブキヤ
より発売のアリス・ギア・アイギス メガミデバイス 兼志谷シタラ  Ver.カルバチョートを製作しています。

今回は以前記事にした時から手を加えたところを書いていきます。

スポンサーリンク

武装足パーツ

メガミデバイス 朱羅系の足を取り付けています。

ラピッドレイダーに乗せるため、パーツをあれこれ取り付けることができませんが、そのままなのもなにのパーツを使っているか丸分かりです。

兼志谷シタラ  Ver.カルバチョートの武装腕のパーツをもう1セット用意して取り付けて多少印象を変えようとしてみました。

小さい方(上の写真左)のパーツはもともとある穴をピンバイスで3mm穴を開け、そこに3mmランナーを差し込んで接着。

スネの正面の3㎜穴に接続。

大きい方(上の写真右)のパーツは、裏にソリッドラプターのアームの部分のジョイントを加工して接着。

スネ側面の3㎜穴に接続しました。

背中の武装

以前のフレズヴェルクのブレードは接続方法が確立できなく、ボリュームが少ないと感じたので、ラピッドレイダーのパーツに交換。

M.S.G ストレージリングを加工した部分にはソリッドラプターのパーツを加工して接続して見た目を変化させました。

シタラの腰との接続部分

M.S.Gのジョイントを組み合わせて構成しています。

武装を動かしていると、フレキシブルアームBのアームが左右に振れてしまいます。

ヘキサギア ブースターパック 001のパーツを追加で取り付けてストッパーにし、左右に振れないようにしました。

今回の記事は以上になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました