ヘキサギア 人型ヘキサギア 製作1

スポンサーリンク
ビッグバナー




5月はいろいろありまして、PCを立ち上げての作業が出来なくなっていました。

6月になってそれが一応解消されましたので、再び記事を書いていきます。

来年の静岡ホビーショーの展示について

5月の静岡ホビーショー以降にサークルメンバーで話し合いを行い、来年以降の展示物についての話し合いを行いました。

来年も今回の女の子のプラモデルの展示を行ったメンバーと、フレームアームズ・ガールやメガミデバイスなどの女の子のプラモデルの展示を行う予定となりました。

別の卓の様にもっと多くの作品を展示したいとメンバーと話していましたが、3人では限界があるので、今回来場されていたメンバーの一人の知り合いの方に来年展示してみませんかと誘ってみました。

来年は今年より多くの作品を並べればと思います。

なので、来年に向けてまた女の子のプラモデルを製作していきます。

来年のホビーショーまでにフレームアームズ・ガール ハンドスケール 轟雷が発売される予定ですので、来年の展示作品の一つはそれを展示したいと思います。

ただ展示するのも詰まらないので、以前から気になっていたヘキサギアに乗せてみようと思い、いろいろキットを購入。

パイロット剥き出しのレイブレードインパルス等はそのまま製作する気にならなかったので、人型のバルクアームαをパチ組みしました。

予想していたよりずんぐりむっくりだったので、何かないかといろいろ調べていたら人型のヘキサギアを製作している方が結構いましたので、自分も製作できないかと試行錯誤の結果、ひとまずボディを組み上げてみました。

人型ヘキサギア

ヘキサギア ブースターパック 001や002、スケアクロウをベースにジャンクにしてあった輝鎚などのパーツを使用して組み上げました。

頭部はバルクアームαの2つある頭部の一つを仮置き。

手足は仮組みです。

胴体内にガバナーを乗りこませるように、アーリーガバナーを使用して場所を確保しました。

3段階に分けてハッチを開いてガバナーを乗り降りできるようになっています。

人の作品を参考にしながら、ガバナーが搭乗できるフレームを組めるようになるまでに何回もフレームを作っては分解してを繰り返して、納得のいくものが出来るまで結構時間がかかりました。

当初、ヘキサギア用のリムーバーを購入していなくてパーツの分解に手間取っていましたが、リムーバーを購入したら作業効率が良くなりました。

あれは必需品です。

早く手足を構成して来年の静岡ホビーショーまでに完成させたいです。

これまでの使用キット

ヘキサギア ブースターパック001 ×2

ヘキサギア ブースターパック002

ヘキサギア スケアクロウ

再来年のホビーショーでは、今年展示を行ったバーチャロンの展示を再び行うそうです。

責任者の方に参加しないか誘われましたが、前回テムジン747J + ラジカルザッパーの製作でトラウマ作ったので、出来たら参加したいなーくらいの気持ちでいます。

『人気ブログランキング』に参加しています。
ポチッとクリック頂ければ励みになります。


人気ブログランキングへ

スポンサーリンク
PC用広告




PC用広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする