1/72 零戦52型甲(付岩本小隊) 製作1

スポンサーリンク
ビッグバナー




最近艦隊これくしょんで多くの艦載機が追加されたので製作意欲が湧き、そのうちの1つを再現しようと製作中です。

今回で4機目の零戦ですが、これまで作った零戦と型式が重ならない零戦52型甲(付岩本小隊)をチョイスしました。

この機体はすぐに53型に交換してしまったので、手元にないので作ってみようと思い、製作に入りました。

53型はエンジンに手を加えただけで、52型丙と上っ面が変わらない機体みたいということもあり、52型甲を選びました。

この機体は零戦虎徹こと、岩本徹三氏が珊瑚海海戦後も基地航空隊に異動せず、空母航空隊に所属し続けて戦果を挙げていたら…というif機体です。

1/72で零戦52型甲のキットはありません。

52型甲は52型に52型丙で使用されている20㎜機銃を取り付けてパネルパターンを変えればいいみたいなので、1/72で52型、52型丙のキットがあり、52型にちょうどこの機体の番号のデカールや桜の花の撃墜マークが付属しているのでハセガワのキットをメインに使用しました。

後、シートベルトや照準機も付けたかったので、タミヤの1/72 零戦52型も使用して3個イチにしました。

零戦52型甲の製作記事

52型の主翼を接着する前に主翼の機銃部をエッチングソーで切り離します。

52型丙の青枠で囲った20㎜

機銃部を切り離して、52型の主翼に接着します。

52型甲は主翼下のパネルパターンが違うみたいなので、赤丸で囲ったバルジ(水滴状の凸部分)を削り、それらしくパネルパーターンをダイモテープを使用してケガキ針で罫書きました。

本来は小さいバルジや凹モールドがありますが、主翼下で目立たないので加工は行わないで加工を終了しました。

主翼パーツ前にある吸気口(?)にパネルが無かったので、0.3㎜プラ板で追加。

ここは後でエアブラシで塗装しようとすると操縦席まで入り込んで台無しになりそうだったので、先に明灰白色で塗装しました。

胴体を接着してタミヤの操縦席前の照準機基部をハセガワのキットに接着。

また、塗装した操縦席にタミヤのシートベルトのデカールを貼り、スミ入れ塗料(ダークブラウン)でウォッシングしてつや消しクリアーを吹いて操縦席周りの加工を終えて組み上げました。

1/72 零戦52型甲(付岩本小隊)の製作記事2はこちら!

人気ブログランキング』に参加しています。
ポチッとクリック頂ければ励みになります。

人気ブログランキングへ