1/72 彗星(江草隊) 製作1

スポンサーリンク
ビッグバナー




Azmodel 1/72 彗星を再び製作しています。

今度は、ブラウザゲーム 艦隊これくしょんに実装されている艦上爆撃機 彗星(江草隊)仕様で作ることにしました。

最近、FUJIMIから愛知九九式艦上爆撃機11型 江草少佐搭乗機が発売されました。

九九艦爆はまだ作ったことが無いので、購入して作っていたのですが、キット自体は古いキットの為、合いが非常に悪く、作るのを断念しました。

上の写真の赤いラインでパーツ分割されていて、段差が結構あり修正するのが大変そうでした。

サイバーホビーからも1/72 九九艦爆が発売されたので、そちらで今度作ってみようと思います。

あのキットはあのキットで、説明書があてにならないようですが…

また、以前に天山(友永隊)を製作しました。

彗星(江草隊)と肩を並べて飾ってみたかったのもありますので、FUJIMIの九九艦爆付属の江草少佐のデカールを使用して完成させようと思います。

江草少佐機は尾翼の前に黄色の3重のリボンと青のリボンがあります。

塗装で再現するのは難しいと思い、艦隊これくしょんで江草隊が実装されてもこれまで作りませんでした。

そんな訳で江草少佐機のデカールが付いたキットの発売を待っていたので、ようやく作れます。

60kg爆弾、増槽

Azmodelの彗星には主翼に取り付ける爆弾と増槽が付いていません。以前と同じく、FUJIMIの1/72 彗星12型 スペシャルマーキングに付属のものを流用しました。

以前製作した彗星には爆弾をそのままつけたので、爆弾後方の4枚羽(?)が後ろから見ると+に見えてしまいます。

実際には×になり、枠もつくので、4枚羽の先端で前後に爆弾を切り離し、後方を45度回転させて接着。

薄いプラ板で枠を再現しました。

1/72の小さいパーツなので、精度はあまいです。爆弾、増槽の取り付け位置はFUJIMIのキットを参考にしましたが、前回完成後に爆弾が増槽に近すぎると感じたので、若干外側に穴を開けました。

機首空気取入口

一度作ったキットなのにどう組み立てたか忘れてしまった部分です。
(説明書?あてになりません)

中に入るパーツは後から入れることが出来るので、塗装後に接着します。

ブログに書いておけば忘れても見直すことが出来るのと、もし二式艦上偵察機を作るとしたら同じキットを使うと思うので、書いておきます。

1/72 彗星(江草隊)の製作記事2はこちら!

『人気ブログランキング』に参加しています。
ポチッとクリック頂ければ励みになります。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク
PC用広告




PC用広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする