30MM スピナティオ(忍者仕様) レビュー

スポンサーリンク
30MM
スポンサーリンク

30MM 1/144 EXM-A9n スピナティオ(忍者仕様)を購入しました。

簡単にレビューしていきます。

本体は一度組んだことがあるので、一気にパーツをランナーから切り出してからパチ組みしました。

装甲や武器は新規ですが、組むのは肩アーマー位なので、問題なく組めました。

スポンサーリンク

本体

戦国仕様のカラーリングが反転して赤→青、白→黒に変化しています。

2つのキットを持っていれば、入れ替えてカラーリングを楽しむことが出来ます。

忍者仕様の装備

キット付属は上の写真に写っているものがすべてです。

今回も肩アーマーは左右非対称なので、形を合わせたい場合は2つ購入しなければなりません。

ショートブレードは連結することが出来ます。

4つ用意できれば手裏剣のような形状にすることもできます。

グレーのショートブレードはカスタマイズウェポンズ(戦国兵装)のものを使用しています。

ラビオット用オプションウェポン1のジャマダハルを4つ連結して手裏剣にもできますので、そちらを装備させてもいいかもしれません。

ポージング

いろいろポーズなどを取らせてみました。

何とか片足立ちも出来ましたが、接地面積が少ないのでバランスを取るのが難しかったです。

エグザビークル(エアファイターVer.)のパーツを使用して、腕部にショートブレードを接続してあります。

以上30MM スピナティオ(忍者仕様)のレビューでした。

相変わらずスピナティオは可動範囲が広く、いろいろなポーズを取らせることができます。

今回も足首のボールジョイント部分は保持力があまりないと感じました。

パーマネント マットバーニッシュなどで保持力を上げた方が無難そうです。

『人気ブログランキング』に参加しています。
ポチッとクリック頂ければ励みになります。


人気ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました