30MM エグザマクス ゲッター1 製作3

スポンサーリンク
30MM
スポンサーリンク

バンダイスピリッツより発売の30MM(30 MINUTES MISSIONS)のキットを寄せ集めて、ゲッター1モチーフの機体を製作しています。

今回は胴体の製作について書いていきます。

スポンサーリンク

胴体の構成

上からラビオットの胸パーツ、ラビオット用指揮官機用オプションアーマーのわき腹、シエルノヴァの腰で構成しています。

ラビオットの胸パーツは説明書通りに組み立ててあります。

ラビオット用指揮官機用オプションアーマーのわき腹にはラビオットに付属の胸装甲を加工して、ゲッタービームの発射口を作りました。

裏側には接着面が無いので、アルト用オプションウェポン1のパーツC2を挟んでパーツを接着しました。

接続ピンは切り落として、先が細くなっている方を下にして差し込んでいます。

接着剤が乾燥後、プラリペアでがっちり固定しました。

カスタマイズエフェクト (銃撃イメージVer.)を使用してゲッタービーム発射を再現しようかと試しに取り付け。

ビームが細く感じます。

腰パーツは足への接続軸をポルタノヴァ用の幅の短いものを組みました。

胸部装甲

胸部の装甲は30MM 1/144 エグザビークル(エアファイターVer.)とアルトの肩アーマーのパーツなどで構成しています。

中央のブロックはアルトのデフォルトの胸部装甲にカスタムジョイントセットのパーツなどで構成しました。

試行錯誤をしていくうちにこの形になったので、最初からパーツ構成が決まっていれば、もう少しまとまった形状に出来たかと思います、

今回の記事は以上になります。

30MM エグザマス ゲッター1の製作記事4はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました