1/35 スタンディングトータス 製作3

スポンサーリンク
ビッグバナー




タカラトミーから発売されたSAK リバイバルコレクション 1/35 スタンディングトータスの製作記事の3回目。

今回は頭部・胴体の工作についてです。

頭部

頭部はキットのままですと横に潰れたような形状になっています。

なので、嵩を上げて潰れた感じを和らげようと思います。

上の写真のように頭頂部からのラインで顎を切り離します。

上半分の底の面に1.5mmのプラバンを接着。

整形して顎も接着します。

キットのレンズを取り付ける面は使用出来なくなったので、1mmプラ板で作り直し。

胴体への接続はキットのものを使用して行うようにしました。

上のレンズはキットの物を使用して、H・アイズの4.5mmを使用。

下はコトブキヤの丸ノズルの内径が4mmのものを使用。

レンズはH・アイズの4mmを使用しました。

胴体

腰への接続はPC-03プラサポ①の5とPC-03のCを組み合わせで行うようにしました。

プラリペアで補強。

胴体側面の窓は0.3mmプラ板で塞ぎました。

腕への接続はBJ-04のAを胴体側のパーツに埋め込み、周囲をプラ板で固定。

腕への接続軸はBJ-04プラサポ①の1に2mmの穴を開けた3mmプラ棒を差し込んだもので行うようにしました。

胴体が小さく感じたので、胴体底面で1mm延長。

機銃のある面の下の斜めの面にも1mmプラ板を貼って整形しました。

それ以外の箇所はキットのまま組み立ててあります。

1/35 スタンディングトータスの製作記事4はこちら!

『人気ブログランキング』に参加しています。
ポチッとクリック頂ければ励みになります。

人気ブログランキングへ