1/35 スタンディングトータス 製作4

スポンサーリンク
ビッグバナー




タカラトミーから発売されたSAK リバイバルコレクション 1/35 スタンディングトータスの製作記事の4回目。

今回は腰と銃の工作についてです。

胴体への接続

キットの胴体への接続ピンを切り落として、5mm強の穴を開けます。

そこにWaveのPC-03プラサポ①の2を加工したものに3mmプラ棒を差し込んで、腰回転軸の中心になるように接着しました。

股関節

腰の前後のパーツを接着して、キットに開いている長方形の穴の下にPC-03プラサポ①の1を2つ使用して加工したものを接着して股関節の軸としました。

接着する際、プラサポの一回り大きい経の部分は綺麗に削って筒状にします。

左右はプラサポがそれぞれ2mm位出るようにして、キットの穴の前側に接着しました。

補強のためにプラサポの周囲はプラリペアで固めました。

太ももへの接続はWaveのBJ-05プラサポ①の1を使用。

長さは好みで調整しました。

キットに開いている穴は完成後は腰アーマーで隠れて見えなくなるので、開けたままにしてあります。

腰アーマー

基本的にストレートに組んであります。

リアアーマーは接着。

サイドアーマーは形状が設定とは異なりますが、そのまま使用。

ここは接着しないで、塗装後に組み立て。

フロントアーマーは接続用のパーツを塗装後に接着して固定しました。

この銃器はスタンディングタートル付属のものです。

コトブキヤのM.S.G 丸指ハンドBには無加工で取り付けられました。

中央に4つある排煙口(?)は、基部をリューターで削ってから市販のバーニアパーツを接着してあります。

今回でスタンディングトータスの製作記事は終了となります。

完成した1/35 スタンディングトータスの記事はこちら!

『人気ブログランキング』に参加しています。
ポチッとクリック頂ければ励みになります。

人気ブログランキングへ