1/144 ヒュッケバインボクサー 製作4

スポンサーリンク
ビッグバナー




前回書いたボクサーの問題点について。

AMガンナー腰のパーツと足のパーツを鉄アレイ型のパーツで接続するのですが、このパーツの軸が長過ぎます。

また、Mk-Ⅲの足よりAMボクサーの足のほうが長いです。

これにより、キットのまま組み上げると上半身が多少前かがみのポーズしか取れず、膝も思うように曲げられません。

無理に曲げようとすると膝関節が外れてしまいます。

なので、下のような加工を行いました。

パーツの加工

鉄アレイ型のパーツの軸を2.5mm3.5mm削り、2mm真鍮線を軸にして接着。

組み合わせてみたらまだ長かったため、更に1mm削りました。

左がキットのまま、右が加工後です。


これだけでは足りなかったので、股関節のパーツの太ももへの接続軸を3mm延ばし、膝関節の位置を下に下げました。

腰アーマーをつければ延長したところは見えないので、適当に工作してあります。

これにより、ある程度膝を曲げたポーズが取ることが可能になりました。

後、足首の関節ですが、3軸となっていますが前の1軸でも問題なく立つことができるので、1軸にします。

3つも軸があるとポーズが取りづらいかと。

カカトのパーツは後ハメ加工が難しいので、紺色のパーツを接着して塗装の時にマスキングで色分けをします。

1/144 ヒュッケバインボクサーの製作記事5はこちら!

『人気ブログランキング』に参加しています。
ポチッとクリック頂ければ励みになります。

人気ブログランキングへ