フレームアームズ・ガール イノセンティア 製作5

スポンサーリンク
ビッグバナー




株式会社 壽屋(コトブキヤ)  KOTOBUKIYAより発売のFAガール フレームアームズ・ガール イノセンティアの製作記事の5回目。

今回は武装の上半分の胴体の構成について書いていきます。

本体の構成

武装本体の芯となるのはアーキテクトの胴体です。

肩への接続はエクスアーマーA、Bに付属の肩幅を広げるパーツです。

肩への接続軸の径は3㎜です。

首に当たる部分には3㎜ランナーを刺してパーツを接続出来るようにしてあります。

武装下への接続は接続軸をジョイントセットCのものを組み合わせたものに変更。

軸の径がアーキテクトのパーツより太かったのか、アーキテクトの3㎜穴の部分が破損してしまったため、接着して固定してしまいました。

背面にはジョイントセットBのパーツを接続。

無加工では干渉して密着するまで入らないため、干渉する部分を削って密着するようにしました。

腰後ろのパーツを組み立てます。

スパイラルクラッシャーのパーツに加工したヘキサギア EX ユニット 001のジョイントを取り付けます。

そのジョイントにソリッドラプターのシールドを取り付けます。

スパイラルクラッシャーのパーツ左右に3㎜ランナーを刺し、レイジングブースターのパーツで挟み込みます。

組み立てたものを先ほどのフレームに接続。

次はプロペラントタンク〈丸〉のマルチブースター〈丸〉と、レイジングブースターの基部を3㎜ランナーで挟み込みます。

組んだものをこれまで組んできたフレームに接続します。

接続する位置はジョイントセットBのパーツ上になります。

ジョイントセットのパーツの3㎜穴はキラービークのパーツで塞ぎます。

次はエクスアーマーCとフレキシブルアームBのパーツをL字に切り出した3㎜ランナーで接続します。

それをアーキテクトの首に当たる部分に下の写真の様に接続します。

ジョイントセットBのパーツ2つをディテールカバーに付属のプラパイプで接続します。

接続する部分の棒やパイプの長さは、削って長さを調整してあります。

レイジングブースターの基部上に先ほどのジョイントを接続。

これがレイジングブースターの基部の固定と、バーストレールガンの接続位置になります。

パワードガーディアンのコアブロックのパーツとフレキシブルアームBのパーツを何かのジョイントパーツで接続します。

レイジングブースターの接続軸に差し込み、パワードガーディアンの装甲をフレームを覆うように折り曲げます。

パワードガーディアンの装甲の間にエクスアーマーAの装甲を取り付けます。

これで武装上の胴体部分の組み立ては終了です。

『人気ブログランキング』に参加しています。
ポチッとクリック頂ければ励みになります。


人気ブログランキングへ

スポンサーリンク
PC用広告




PC用広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする