30MS ティアーシャ 製作4(腕部の加工)

スポンサーリンク
30MS
スポンサーリンク

バンダイスピリッツより発売された『30 MINUTES SISTERS』SIS-A00 ティアーシャ[カラーB]を製作しています。

今回はティアーシャの腕部の加工について書いていきます。

スポンサーリンク

肩の加工

肩パーツの側面にパーツの合わせ目ができます。

接着する前に関節パーツの可動部分のクリアランス確保を行いました。

下の写真で赤い線を引いた部分を削ります。

関節軸の面は両面削っています。

塗装後に関節パーツを動かして塗装が削れないように隙間を確保。

接着する前にマットバーニッシュを肩の関節軸に入れます。

接着後には渋みを調整できないので、関節がゆるくなくても入れておきます。

パーツ接着後、合わせ目消し。

リングパーツの加工方法

肩と上腕の間に挟むリング状のパーツは小さくて加工しにくいです。

中央の穴の径が3mmなので、3mmプラ棒を差し込んで持ち手にしてヤスリ掛けを行いました。

肘関節の加工

こちらはパーツの合わせ目が段落ちモールドになっているので、接着しないで加工を行いました。

肘関節のパーツは下の写真で赤い部分を両面削ってクリアランスを確保。

前腕部は肘関節の当たりそうな内側の部分を削りました。

赤い線を引いた部分です。

それ以外の腕部のパーツ

上腕中央のリングパーツ、手首の関節、ハンドパーツはパーティングラインを削って磨いただけです。

手首につけるリングパーツは使う予定が無いので、今のところ何もしません。

今回の記事は以上になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました