30MS リシェッタ 製作5(注意すべき関節について)

スポンサーリンク
30MS
スポンサーリンク

バンダイスピリッツより発売された『30 MINUTES SISTERS』30MS SIS-G00 リシェッタ[カラーA]をMS少女に改造中です。

今回は素体のリシェッタで注意が必要な場所と、その調整方法について書いていきます。

スポンサーリンク

リシェッタ本体の注意が必要な可動場所

リシェッタには注意しないと最悪パーツが折れたり、ねじ切れるなど破損する箇所があります。

頭部と首を繋ぐボールジョイントとスネと足首の3㎜軸の部分がそうです。

個体差があるかもしれませんが、入手したリシェッタは首と左足首を動かしたところ硬く、折れそうで怖かったです。

何もしないで動かしていると、負荷のかかるところから破損してしまいます。

なので、その場所を削ってスムーズに動かせるよう調整しました。

首のボールジョイントの調整

首で問題なのは下の写真で赤丸で囲ったボールジョイント部分です。

タミヤの研磨スポンジシート400を使い、少し磨いて頭部と首を繋いで動きを見ます。

硬いと思ったらそっと首を外し、またスポンジヤスリで磨いてスムーズに動かせるまで繰り返しました。

やりすぎてしまった場合はマットバーニッシュを付けて渋みを復活させるといいでしょう。

破損させてしまった場合はできれば部品請求。

持っているなら、他社メーカーの美少女プラモデルのパーツを使って代用するしかありません。

足首の調整

もう一つ問題な場所の足首の関節部分です。

スネ側の関節の軸を入れる3mm穴を丸ヤスリで広げました。

足首の関節の軸を加工しないのは、人の手で均一に削ることができないと思ったからです。

3mm穴の方は、3mm径の丸ヤスリを回転させればそれほど歪まないと思ったからです。

使用したヤスリは3mm径の丸ヤスリです。

これをスネ下の3㎜穴に入れ、回転させて穴を広げました。

こちらも少し削って足首の関節を差してみて、ちょうどいい硬さになるまで繰り返して磨きます。

右足の方はほとんど削らなくてもよかったですが、左足の方は右足以上に削りました。

左足の方が3mm穴の径が狭かったようです。

この作業を行っていないと、パーツを破損させる可能性があります。

ぜひ確認して気になるなら調整しましょう。

先に入手できた30MS 2つめのキットのティアーシャにはこのようなことは無かったので、最初のキットであるリシェッタは金型の調整不足だったのでしょうか。

30MS リシェッタの製作記事6はこちら!

今回の記事は以上になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました