30MS オプションボディパーツ タイプS01 アームパーツ&レッグパーツ [カラーA] 製作1

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2022年7月に発売された30MS オプションボディパーツ タイプS01[カラーA]とアームパーツ&レッグパーツ [カラーA]を組み合わせ、リシェッタの頭部を取り付けてみました。

多少、顔とボディの色が異なるように見えます。

今回はオプションボディに行った加工について書いていきます。

スポンサーリンク

首の肉抜き穴埋め

キット付属の首後ろには肉抜き穴が開いています。

いつもなら首に取り付けるネックガードっぽいパーツで隠れますが、今回はそのパーツがありません。

結構目立つので、プラモのランナーや瞬間カラーパテで塞ぎました。

まず、ランナーを細かくしたものを肉抜き穴に差し込み、流し込みタイプの接着剤で適当に穴を塞ぎます。

接着剤が乾燥後、飛び出ているランナーをある程度切り取り、瞬間カラーパテで隙間を埋めます。

ヤスリで表面を整えて終了。

塗装する予定なので、多少色が変でも気にしません。

ボディの接着

通常のボディパーツは肩関節受けパーツの後ハメ加工を行っています。

このオプションボディパーツ タイプS01では関節の引き出しがあまりできないなど、可動範囲が殆どなかったため後ハメ加工を行わず、接着面に瞬間カラーパテを、内側の凹凸の接続穴には通常の接着剤で接着しました。

表面処理後の写真です。

うっすらと接着面が分かってしまいますが、塗装して分からなくなるのでこの作業はここまでです。

水着(下)のモールド彫り

パーツA1(4)の裏側にはパーティングラインが複雑に入っていました。

側面近くにあった段差の部分にケガキ針で凹モールドをいれ、表面を均して仕上げました。

今回の記事は以上になります。

30MS オプションボディパーツ タイプS01 アームパーツ&レッグパーツ [カラーA] の製作記事2はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました