ハイキューパーツ リタックスティックの粘着シートの代用品になる粘着ゲル 両面テープ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

プラモデルにヤスリ掛けを行う際、ハイキューパーツのリタックスティックを長年愛用しています。

粘着シートは繰り返して使用できていますが、長年使用しているせいか薄くなっているようにも思えます。

ポリカーボネート製の板は問題なく使えているので、粘着シートの代用品を探していました。

100円ショップ ダイソーで「粘着ゲル 両面テープ」という商品を見かけ、これは使えないだろうかと弱粘着の方を購入して試してみました。

スポンサーリンク

ダイソー 仮どめ両面粘着ゲルテープ

裏には「仮どめ両面粘着ゲルテープ」とあります。

表と名称が異なりますが、こちらが正式な商品名でしょうか。

水洗いすれば粘着力が回復し再使用できるとのことで、リタックスティックの粘着シートと同じような性質のようです。

粘着シートのテスト

リタックスティックのポリカーボネート板に「仮どめ両面粘着ゲルテープ」を貼ってみました。

どちらも幅が2㎝となっているので、横にはみ出ることなく貼ることができました。

板の端ではさみで切り、タミヤの紙ヤスリを貼りました。

少しプラモデルのパーツを削ってみましたが、紙ヤスリが粘着シートから剥がれることもなく、使用することができました。

しっかり押さえた後、紙ヤスリを粘着シートから剥がしてみました。

粘着シートに紙ヤスリがくっつくこともなく剥がすことが出いました。

紙ヤスリを繰り返して使うことができそうです。

使ってみての感想

使ってみて、リタックスティックの粘着シートとの差は感じられませんでした。

しばらく使ってみて問題ないようなら、代用品として使ってみようと思います。

リタックスティックのポリカーボネート板は長さ9㎝。

「仮どめ両面粘着ゲルテープ」の長さは1mなので、11回分は切り出すことができます。

コストパフォーマンスが高いので耐久力さえあれば、リタックスティックに付属のポリカーボネート板5枚すべての粘着シートを交換してもしばらく使えそうです。

今回の記事は以上になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました