30MS リシェッタ 製作3

スポンサーリンク
30MS
スポンサーリンク

バンダイスピリッツより発売された『30 MINUTES SISTERS』30MS SIS-G00 リシェッタ[カラーA]をMS少女に改造中。

使用しているガンプラはHGUC クロスボーンガンダムX1です。

今回は腕部の加工について書いていきます。

スポンサーリンク

腕部の接続

クロスボーンガンダムの上腕側の肩への接続軸は凸軸です。

30MSの肩の接続軸も凸軸です。

そのままでは接続することができませんので、加工を行いました。

接続ジョイントの製作

30MSの肩とクロスボーンガンダムの腕を繋ぐ接続パーツを製作。

30MMのジョイント1に付属の四方に凸軸のあるジョイントパーツを使用します。

写真右は加工後のジョイントです。

縦×横×高さは約3.8mm×4.0mm×3.2mmです。

上下は半分にするので、ジョイントパーツ1つにつき2つ作ることができます。

これをクロスボーンガンダムの上腕外装に入れます。

側面の切り欠きは、後で肩アーマーを取り付ける際の軸が干渉するので切り欠きました。

30MSとX1の軸の調整

30MSの肩の軸とX1の軸の長さを縮めます。

X1の上腕装甲の中に収めるには、それぞれの軸を縮めないと収まりません。

写真に書いた寸法まで削りました。

X1のフレームの方は根元にあったリブを削っています。

30MSの肩にリングパーツを差し込み、これまで加工したパーツを組み合わせます。

当然ですが、軸を短くしたので腕が抜けやすくなっています。

腕の軸の補強

腕の軸の保持力を上げるため、まずパーマネントマットバーニッシュを少しつけて保持力を上げてみました。

また、3mm軸の中心に1mmのネオジム磁石を埋め込んでみました。

使用したネオジム磁石はこちら。

こちらは効果があるかは微妙でした。

一応くっつきますが、やらないよりはまし、くらいです。

マットバーニッシュだけで保持力は出せました。

腕の接続工作は以上です。

30MS リシェッタの製作記事4はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました