FA:G スティレット 製作4

スポンサーリンク
ビッグバナー




コトブキヤより発売のフレームアームズ・ガール スティレットの製作記事の4回目。

今回は足の加工について書いていきます。

スティレットの足の加工

太ももの胴体への接続部分ですが、調べてみると強度に問題がある様で、加工されている方もいます。

今回は元の関節の強度の様子見もかねて、加工しないでそのまま組んであります。

あまりよろしくないようでしたら、次以降は加工していこうと思います。

太もも外側に接続する灰色のパーツです。

左右で微妙に形状が違うので、組み上げるときに間違えないように内側にL、Rと書いて分かりやすくしました。

太もも下半分と膝関節は後ハメ加工が出来ないため、クリアランスを確保して接着しました。

1度塗装したら膝関節を曲げて再塗装といった方法で塗装していきます。

スネ側の膝関節周りには隙間が全くありません。

クリアランスが確保できるまで、上の写真で赤い線を引いた部分をアートナイフでガリガリとカンナ掛けを行いました。

スネのパーツの前側は膝アーマーなどを取り付けるため、合わせ目は見えなくなります。

しかし、裏側は取り付けるパーツが無いため合わせ目が見えてしまいます。

接着すると太ももからスネまで塗装が面倒になるので、スネ後ろの合わせ目を段落ちモールドにしました。

使用したツールはMr.ラインチゼルです。

最初から付属の0.3㎜の刃を使用しました。

まず、スネのパーツを分解して、組み立てたときに合わせ目がVの字になるように少しヤスリをかけ、Mr.ラインチゼルで線を引きやすくしてからMr.ラインチゼルで段落ちモールドを引きました。

膝アーマーの可動部分です。

ここはパーツ同士のテンションでパーツを固定しており、クリアランスを確保するとスカスカになってしまいます。

なので、可動を犠牲にして接着してしまおうと思います。

足首のパーツです。

赤丸で囲ったピンは斜めにカットして、仮組みしたと外しやすくしました。

また、足首のパーツの軸を入れる部分は入れにくかったので、径より大きいピンバイスの刃で面取りを行ったところ、スムーズに軸を入れることが出来ました。

FA:G スティレットの製作記事5はこちら!

『人気ブログランキング』に参加しています。
ポチッとクリック頂ければ励みになります。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク
PC用広告




PC用広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 蒼士 より:

    こんにちは、蒼士です。
    いつも面白い記事をありがとうございます。
    今回はフレームアームズ・ガール スティレットということで完成が楽しみな作品ですね。
    ぜひ完成させて頂きたいと思います。頑張ってください。
    応援して帰ります。

  2. シグラム より:

    蒼士様
    度々コメントをしていただき、ありがとうございます。
    フィギュア系のプラモデルの製作は久しぶりで、元のフレームアームズ同様、モデリングサポートグッズをいろいろ着けたりして自分好みにしようと思うので、ちょっと完成まで時間が掛かるかと思いますが、しっかり完成させたいと思います。
    応援ありがとうございます。