バンダイスピリッツ エントリーグレード RX-78-2 ガンダム 製作3

スポンサーリンク
ガンプラ 1/144
スポンサーリンク

BANDAI SPIRITSより発売のENTRY GRADE 1/144 RX-78-2 GUNDAMを製作しています。

今回は腕の加工について書いていきます。

スポンサーリンク

肩アーマーと肩

ここは一段高い部分の周囲をケガキ針でけがいて、スミイレした際に塗料が流れやすくしました。

肘関節の加工

肘関節下と前腕の間に目立つ隙間があります。

ガンダムのランナーを捨ててしまったので、スピナティオのランナータグを利用して関節軸下を延長しました。

接着剤が乾燥後に形を整えました。

写真右が加工後になります。

側面から

前腕とのクリアランスの確保のため、側面のモールドが亡くなるまで削ってあります。

組み立て後の写真が上になります。

前腕の加工

前腕部側面両側に3mm穴が開いています。

今回はシールドを保持する左腕外側だけを残して、他3ヶ所は埋めてしまいました。

まず、3mmランナーを厚さ2mmくらいに切り出します。

それを一段下がっている部分まで押し込み、接着。

一段下がっている部分を埋めるために0.3mmプラ板を切り出して接着します。

周囲の緑色はラッカーパテです。

整形後ヒケが酷かったので、黒い瞬間接着剤で隙間を埋めなおしました。

加工後は上の写真のようになります。

ハンドパーツ

ハンドパーツは今回はビームライフルとサーベルを持たせるだけなので、付属のハンドパーツをそのまま使用します。

ビルドハンズが入手できないというのもあります。

腕の加工は以上になります。

エントリーグレード RX-78-2 ガンダムの製作記事4はこちら!

『人気ブログランキング』に参加しています。
ポチッとクリック頂ければ励みになります。


人気ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました