バンダイスピリッツ エントリーグレード RX-78-2 ガンダム 製作1

スポンサーリンク
ガンプラ 1/144
スポンサーリンク

BANDAI SPIRITSより発売のENTRY GRADE 1/144 RX-78-2 GUNDAMを製作しています。

今回は頭部と胴体の工作について書いていきます。

スポンサーリンク

頭部の加工

頭部アンテナパーツ先端に安全基準フラッグが設けられています。

頭のパーツに接着する前に加工したほうが加工しやすいので、先にアンテナをシャープに削ります。

前回は削りすぎてアンテナが短くなってしまいました。

なので、今回は手加減してアンテナを尖らせました。


その後に頭部に接着。

セリアの薄板ヤスリを使ってトサカ側面のパーティングラインを削りました。

首の加工

首後ろに肉抜き穴が存在しています。

プラ板と黒い瞬間接着剤でその穴を埋めます。

瞬間接着剤が硬化後に表面処理を行いました。

首後ろには面取りがされていません。

前側と合うようにC面を作りました。

胴体の後ハメ加工

以前製作した、EG ガンダム ライトパッケージVer.で大失敗した部分です。

今回はリベンジも兼ねて、後ハメ加工を行いました。

胴体の黄色いパーツを上の写真の様に分割します。

加工の基点は胴体上に接続するピンです。

このピンの前でダクトをカット。

襟部分をカットするのに邪魔なピンを半分くらい切って、襟部分を内部に入る部分から切り離します。

ここは結構強引にアートナイフで切り離すことになりました。

そのまま青いパーツを接着すると、赤いわき腹上パーツは入りにくくなってしまいます。

先ほどの黄色いパーツの中央にある、赤いわき腹のパーツを差し込む穴を削ります。

この加工により、赤いわき腹のパーツは加工前よりスムーズに接続できます。

その代わり、保持力が落ちるので、パーマネントマットバーニッシュ等で保持力を上げた方が無難です。

ボールジョイントが少し見えるくらいまで黄色いパーツの穴を削りました。

ダクトは特に加工しなくても青いパーツの穴に差し込めます。

塗装後に接着して固定します。

関節部の肉抜き穴埋め

肩口の関節パーツには前後に肉抜き穴が開いています。

エポキシパテで穴を埋めました。

硬化したら表面を整えます。

今回の製作記事は以上になります。

エントリーグレード RX-78-2 ガンダムの製作記事2はこちら!

『人気ブログランキング』に参加しています。
ポチッとクリック頂ければ励みになります。


人気ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました