ハセガワ 1/72 震電改

スポンサーリンク
ビッグバナー




ハセガワより発売の1/72 連山 イ号誘導弾搭載機 & 震電改 “本土防衛”のキットの震電を製作しました。

以前、震電を製作していたので、難なく組むことが出来ました。

通常の震電と異なるパーツはエンジンパーツ、大型のサイドインテークです。

また、垂直尾翼下にある補助輪の切り取りがありました。

元々プロペラが離陸時に当たらないように付けていたので、プロペラが無くなったので必要なくなったからでしょう。

マーキングは説明書にある、第721海軍航空隊(神雷)戦闘機隊配属 1946 (架空)で仕上げました。

1/72 震電改

カラーガイド

  • 緑:暗緑色(中島系)
  • 灰:明灰白色(三菱系)
  • 白:Ex-ホワイト
  • 黒:Ex-ブラック
  • 黄:Ex-ホワイト → 橙黄色 + Ex-ホワイト
  • 機体内色:コックピット色(三菱系)
  • エンジン部分:焼鉄色
  • タイヤ:タイヤブラック
  • ホイール:スターブライトシルバー
  • 主脚格納場所内側:青竹色
  • 主脚:Ex-ブラック
  • 右翼端灯:GXメタルブルー
  • 左翼端灯:GXメタルレッド
  • 機銃:黒鉄色

仕上げ

塗装後デカールを貼り、乾燥後にEx-クリアーを塗装。

タミヤ スミ入れ塗料(ダークブラウン)でウォッシング。

トップコートにEx-フラットクリアー(フラットベース2倍)を塗装。

張り線(アンテナ)をモデルカステン製のメタルリギング0.3号を使用して再現しました。

震電と

1/72 震電改の製作記事1はこちら!

『人気ブログランキング』に参加しています。
ポチッとクリック頂ければ励みになります。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク
PC用広告




PC用広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする