1/144 ガンダムグシオンリベイク 製作4

スポンサーリンク
ビッグバナー




バンダイより発売のHGIBO 1/144 ガンダムグシオンリベイクの製作記事の4回目。

今回は腕の加工について書いていきます。

後ハメ加工や関節部のクリアランス確保等を行いました。

肩アーマーの加工

ここは後ハメ加工は無理と判断して、関節パーツを挟んで肩アーマーを接着しました。

グシオンリベイクはパーツ構成上、肩関節軸に腕すべての重さが掛かってしまいます。

肩関節軸を切り欠くと強度が低下して、重いシールド等を持たせたときに肩関節は外れそうですので、後ハメ加工は止めました。

塗装時に外側を塗装して、内側と肩関節をフレーム色で塗装して仕上げようと思います。

上腕外装の加工

赤線を引いた内側の肘関節軸が当たる部分を削り、クリアランス確保を行いました。

前腕外装の加工

前腕の後ハメ加工とクリアランス確保を行いました。

上の赤線を引いたところを職人かたぎ 0.1 PRO-Mでカットして下側を接着。

腕フレームを前腕外装下に通せるように手首側の上腕外装の上の切り欠きを広げて、外装をフレームに通せるようにしました。

このままでは強度が維持できないので、塗装後にエポキシ系の接着剤か何かで接着しようと思います。

肘外装の加工

白いパーツの側面に凸モールドがあります。

設定では凹モールドになっています。

パーツの抜きの関係から凸モールドになっているので、2㎜ピンバイスで穴を開けます。

そこにコトブキヤ P-111 マイナスモールド Ⅱの2の裏側を外側に来るように差し込んで接着。

また、シールド基部の接続位置の内側が肉抜き穴が大きいので、プラ板で塞ぎました。

パーツの内側の3㎜穴の裏側を上側が傾くように削って、0.5㎜プラ板で作った蓋を接着します。

1/144 ガンダムグシオンリベイクの製作記事5はこちら!

『人気ブログランキング』に参加しています。
ポチッとクリック頂ければ励みになります。

人気ブログランキングへ