バンダイ ライトニングベース 改造

スポンサーリンク
ビッグバナー




梅雨の季節になりました。

プラモデルを作っている者としては、塗装の際に湿気が気になって仕方ありません。

天気が悪いので、塗装は中止してバンダイより発売のライトニングベースを改造していました。

ライトニングベースのLEDはあまり光度が高くないので、高光度のLEDを購入して付け替えました。

正規の方法ではないので、もし改造される方は自己責任で行ってください。

裏面のすべてのねじを外して、組み込まれているLEDの足(金属線)を少し残して切り離します。

購入したLEDは3㎜径なので、ベースの固定ピンをそのまま使用しました。

購入したLEDの+(足の長い方)を赤い配線の方に取り付けます。

その際は少し残した金属部分に重なるくらいに足を切ります。

LEDが発行するのを確認してからハンダ付けを行い、固定します。

もう片方はオレンジの配線の方を+にすればOKです。

抵抗はそのままでも問題ありませんでした。

後はクリアーパーツをはめる部分の内側の壁に、アルミテープを3㎜幅に切って貼り付けて光が反射するようにしました。

前回の写真は改造前なので、少しは光度が上がったと思います。

写真を撮る際にどちらもフラッシュを焚いています。

実際の発光より明るく写ってしまっています。

LEDを調べてみると色が変化するフルカラーLEDや、ブラックライトLEDなどがあるので、それらに交換しても面白いかも知れません。

最近のガンプラのクリアーパーツはブラックライトに反応するみたいですので。

『人気ブログランキング』に参加しています。
ポチッとクリック頂ければ励みになります。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク
PC用広告




PC用広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする