フレームアームズ・ガール イノセンティア 製作1

スポンサーリンク
ビッグバナー




株式会社 壽屋(コトブキヤ)  KOTOBUKIYAより発売のFA:G フレームアームズ・ガール イノセンティアを製作しています。

以前の轟雷や迅雷は装備品であるギガンティックアームズに力を注いだ結果、コストがすごいことになりました。

なので、今回はギガンティックアームズ無しでフレームアームズ・ガールを製作しようと、今まで溜めていたモデリングサポートグッズを盛る方向で完成させようと思います。

そこでフレームアームズ・ガールは装甲などが無く、自由度が高いイノセンティアをチョイスしました。

ああしたい、こうしたいと、いろいろM.S.Gを購入していったので、結局ギガンティックアームズほどではありませんが合計金額が上がっていっています(^^;

イノセンティアの加工

腹部はイノセンティアのものは好みではなく、以前の迅雷と同じ工作は面倒なので、アーキテクト Off White Ver.の腹部から太ももを流用。

アーキテクト Off White Ver.とGun Metallic Ver.は、定価が3,800円とフレームアームズ・ガールのシリーズの中では一番安く、カスタマイズする素材として優秀だと思います。

イノセンティア系も定価4,500円と少しアーキテクト系より高いですが、豊富な髪の毛のパーツなどがあり、自由度が高いので自分の好きなようにカスタマイズするのに最適です。

そんなキットを混ぜ合わせて、フレズヴェルクも使って本体を組み上げました。

なぜ、フレズヴェルクも使ったと言いますと、イノセンティアとアーキテクトの腕部の形状が今一つに感じるからです。

イノセンティアには装甲とかのモールドの入っていない腕部(黒と肌色)が付属で、アーキテクトは3㎜軸のジョイントが接続できる前腕が付属しています。

イノセンティアのはモールド等が無くてさびしく、アーキテクトのものは形状が好きになれないからです。

フレズヴェルクには2種類の腕部と脚部が付属するので、片方使ってももう片方が残るので、今回ためしに付けてみました。

胴体側の腕部の付け根とアーキテクトの太ももは、以前の轟雷で行ったのと同じ強度を上げる工作を行いました。

レイジングブースターへの接続

アーキテクトの太ももとレイジングブースターを接続する際、間に何かジョイントを噛ませないと太ももが短く見えてしまうと思います。

レイジングブースター付属のジョイントですと何かで覆わないと太ももからレイジングブースターへの流れが不自然になってしまいます。

いいアイデアが浮かばなかったので、ネットで調べてみたところ、同じようなことをしている人がいましたので、その素材を参考にさせていただきました。

百円ショップ ダイソーで販売している 外径10.0㎜のプラスチック編棒です。

これを加工してレイジングブースター付属の接続ジョイントを覆うようにしました。

レイジングブースターの加工

加工途中の写真を撮り忘れました。

レイジングブースターは膝に当たる部分を曲げることによって、後ろにあるブースター部分が本体の中から出るギミックがあります。

常に本体から出ている状態にしたかったので、連動している部分のパーツB6、B7の膝パーツに差し込む先端をカット。

それによってブースターの保持が出来なくなるので、ブースター内側と本体内部に接続軸を作って接続するようにしました。

フレームアームズ・ガール イノセンティアの製作記事2はこちら!

『人気ブログランキング』に参加しています。
ポチッとクリック頂ければ励みになります。


人気ブログランキングへ

スポンサーリンク
PC用広告




PC用広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする