FAガール グライフェン 製作2

スポンサーリンク
ビッグバナー




コトブキヤ フレームアームズ・ガール グライフェンの製作記事の2回目。

前回、ボリューム不足だった背部のミサイルコンテナはコンバートキャリアーのコンテナに交換しました。

1キットでは片方しか組むことが出来ないので、2キット用意しました。

このキット、あまり人気がないのか追加で購入した分はかなりお安く購入することが出来ました。

以前のサークルオフ会での写真ですが、コンテナにFAガールを乗せることもできます。

こういった方向でコンテナを使うのもいいと思いますが、今回モチーフにしたものにはミサイルを大量に積んでいるので、ミサイルコンテナになります。

M.S.Gで筒状のパーツといったらプロペラントタンク〈丸〉ですが、大量に購入することになりそうなので、どうしようかと考えていました。

今回は武装の腕部について書いていきます。

ハンドパーツの接続

FAガール グライフェンにはインパクトナックル以上、オーバードマニピュレーター以下の大きさのハンドパーツが付属します。

贅沢を言えば5本指がよかったのですが、パワードガーディアンの腕に取り付けるハンドパーツはこのくらいが最適だと思うので使用しました。

ただ、そのままパワードガーディアンの腕に接続すると、接続位置に隙間があるので加工して埋めることにしました。

中央のパーツはグライフェン拡張パーツに付属の肩アーマーのパーツです。

このパーツの直径が、ちょうどパワードガーディアンの手首の窪みにフィットします。

接着したほうが楽なのですが、パワードガーディアンの腕は細かく分解されて接着部分があまり確保できません。

グライフェンのパーツを加工して接続するようにしました。

まず、カバーをして見えなくなる範囲で接続用の穴を広げます。

上の写真は見えなくなるからと、おおざっぱに開けましたが、もっと小さくて大丈夫です。

中に見える軸受けのピンは使用するので、壊さないように注意です。

グライフェン拡張パーツの肩アーマーのパーツを加工していきます。

上の写真のように裏側を平らにします。

中央の穴の周囲にM.S.G ショートパイプの直径7.0mmの厚いほうを差し込んで接着。

ショートパイプの直径7.0mmの内側に直径5.0mmの薄い方を入れて、3mmランナーを差し込んでパワードガーディアンの腕への接続軸とします。

この時グライフェンのハンドパーツの軸が差し込めるだけの穴の深さを、表側に確保してから接着しました。

加工したパーツを組み立てた後の写真です。

狙いすましたかのようにすっぽり入りました。

この加工で腕とハンドパーツの間の隙間を埋めることが出来ました。

パワードガーディアンのパーツを腕として使う場合には効果的な加工だと思います。

これまで使用したキット

FAガール グライフェン

FAガール フレズヴェルク

FA アーキテクト

FA グライフェン 拡張パーツセット


M.S.G ヘヴィウェポンユニット

エクシードバインダー


M.S.G メカサプライ

ジョイントセットB


M.S.G プラユニット

ショートパイプ


M.S.G ギガンティックアームズ

パワードガーディアン

ラピッドレイダー


ヘキサギア

ブースターパック 001

EX ユニット 001

FAガール グライフェンの製作記事3はこちら!

『人気ブログランキング』に参加しています。
ポチッとクリック頂ければ励みになります。


人気ブログランキングへ

スポンサーリンク
PC用広告




PC用広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする