メガサイズモデル ガンダム 製作9

スポンサーリンク
ビッグバナー




バンダイ メガサイズモデル ガンダムの製作記事の9回目。

今回はバックパックの工作を行いました。

いきなり、工作後の写真です。

フック設置

1/1やリアルグレードのガンダムのバックパックの上面にはフックが1対で付いているのですが、メガサイズモデルでは省略されています。

そこで、フックがある部分にある凹モールドをガイドにして切り抜きました。

その際内部にある支柱を切り落としましてあります。

切り欠いた幅が3mmになるようにヤスリで調整して、そこに3mm角プラ棒を入れて接着。

角度等はRGを参考にしてあります。

その各棒の上にコトブキヤのフック(2) P-132の5番のフックを接着して、フック再現は終了。

1/1ガンダムのバーニアの再現

1/1ガンダムのメインバーニア内部には小さいスラスターが3つ入っていました。

それを再現しようと、バーニア内用に市販パーツを利用して小さいバーニアを作成。

塗装後に接着する予定です。

3連のバーニアはコトブキヤのP-109(包装捨てたので商品名不明)の3番、土台にしたバーニアはコトブキヤのP-110の10番の薄い方です。

上げ底用に使用したプラパイプはエバーグリーン製の7.2㎜で、9㎜程の長さで使用しました。

サブバーニア(?)の修正

胴体とメインバーニアの間にあるサブバーニアはただの筒になっているので、これもRGを参考にして修正しました。

元々ある筒を切り落として、コトブキヤのP-113の5番が少しはみ出すくらいの高さになるようにバックパック内部に1㎜プラ板を接着、それぞれのバーニアが中心になるように接着しました。

バックパック側面のダクトの修正

側面のダクトはそのままですと先端が丸くなっており、形成のダルさがあります。

すべて切り落として1㎜プラ板に交換しました。

あまり薄くすると隙間が目立つので、そのままにしてありますが、気になるようだったら薄くする予定です。

シールド用の接続穴の蓋作成

1㎜プラ板でちょうどいい大きさに切り出して接着しました。

1/48 メガサイズモデル ガンダムの製作記事10はこちら!

『人気ブログランキング』に参加しています。
ポチッとクリック頂ければ励みになります。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク
PC用広告




PC用広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする