1/144 シュヴァルベグレイズ 製作2

スポンサーリンク
ビッグバナー




HG 1/144 シュヴァルベグレイズを製作しています。

もうほとんど工作は終了していますが、ワイヤークローをバルバトス用に使ってしまうか考え中。

完全にバンダイの術中にはまっている気がします。

太ももの外装の後ハメ加工などについて記事を書いていきます。

太もも外装の後ハメ加工

太ももの外装内側の赤い枠で囲った場所の一段高いピンを根元から削り落とします。

パーツの接着してヤスリ掛けを行った際、削り落とした凸モールドをエバーグリーンの0.56㎜×0.56㎜のプラ棒 HOスケールで再現しました。

太もものフレームは上の写真のように外装を前から差し込めるように1部削りました。

写真のようにぴったり入りますが、多少がたつきがあるので塗装後に組み立てるときに接着してしまおうと思います。

肉抜き穴のパテ埋め

グレイズと共通の足の裏と、シュヴァルベグレイズ用新規パーツのバックパック基部と太もも横のユニット裏の肉抜き穴をエポキシパテで埋めました。

上の写真のようにパテの食いつきをよくするためにアートナイフで傷をつけてからパテを埋めました。

エリ

ここもグレイズ同様、内側をアートナイフでカンナ掛けの要領で薄く削りました。

ランス

先端がとても丸くなっているので、丸くなっているあたりから削り落とし、1㎜プラ板を4枚=4㎜接着して形状を整えました。

完全にとがらせるなら5㎜延長すべきですが、ぶつけて先端を潰すかもしれないので、4㎜延長だけにして先端を多少丸めてあります。

ハンドパーツ

ポーズを取らせるのにやはり次元ビルドナックルズのSは欠かせないと思うので、1キット各サイズ2セットずつのため、もう1セット残っているので用意しました。

とりあえず工作はだいたい終わっていますが、次の回のガンダムバルバトスの戦闘シーン次第でワイヤークローをチョコレートの隣の人のシュヴァルベグレイズカラーにして、バルバトスに装備しようかと思います。

『人気ブログランキング』に参加しています。
ポチッとクリック頂ければ励みになります。

人気ブログランキングへ