1/144 ガンダムグシオンリベイク 製作1

スポンサーリンク
ビッグバナー




最近発売のHGIBO 1/144 ガンダムグシオンリベイクを製作し始めました。

ひとまず、ゲート処理をしつつパチ組み。

前に完成させたガンダムグシオンと並べてみました。

1/100ではフレーム共通で、ガワが2つ入っているので違和感はないと思いますが、1/144では腕や胴体はともかく、グシオンの足の短さが気になります。

とりあえず、肉抜き穴の気になった部分にエポキシパテを詰めていきました。

肉抜き穴埋め

胴体フレーム後ろ側の肩口と腰関節近くの肉抜き穴を埋めました。

バックパック下側の前後パーツの肉抜き穴を埋めました。

先に後ろ側にパテを詰め、硬化後に表面処理を行い前のパーツが入るようにパテを削り、その後に前のパーツの肉抜き穴を埋めました。

腰周囲のパーツの肉抜き穴を埋めました。

特に腰リアアーマーの肉抜き穴は目立つので、埋めておいた方がいいと思います。

足裏の肉抜き穴は段落ち部分にあるので、あまりパテを盛らないでミニ彫刻刀で整形しました。

グシオンアックスの棘付き鉄球下の肉抜き穴を埋めました。

オフ会でプラチェーンの表面処理や塗装は出来るだろうかと話したのですが、結論は無理、もしくは非常に面倒でした。

金属製のチェーンに変えた方が早そうです。

バックパックのサブアームですが、キット付属のものは簡易的なもので、手首の装甲が回転させることが出来ません。

そこで、ワイヤークローをバルバトスに使用してしまったシュヴァルベグレイズのものを流用。

加工なしで取り付けられます。

手首の装甲はパーツ取り用のグレイズのものを使用しました。

ここの裏の肉抜き穴もパテで埋めました。

4本腕のガンダムを見ていると、プラモ狂四郎に登場したブラッディーマリー(デビルガンダム)を思い出します。

キットで気になったのは、フェイスパーツ左右の隙間です。

アニメで登場してフェイスオープンした際には隙間が無かったので、キットの正面から見ると非常に気になるので、加工しようと思います。

1/144 ガンダムグシオンリベイクの製作記事2はこちら!

『人気ブログランキング』に参加しています。
ポチッとクリック頂ければ励みになります。

人気ブログランキングへ