HG 1/144 ガンダムグシオン 製作2

スポンサーリンク
ビッグバナー




機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズのHG IBO 1/144 ガンダムグシオンの製作記事の2回目。

今回は胴体、腰、足、武器の工作について書いていきます。

キットの加工は終了したので塗装に入れますが、まず1/100 ガンダムバルバトスの塗装を終えなければグシオンの塗装に入れません。

やはり本格的なフレームのないキットは加工が楽で、今回で製作記事は終了です。

前回加工した手首パーツ上の内側の空洞に2㎜厚のプラ板を差し込んで、固定できるようにしました。

胴体の加工

※クリアランス確保のヤスリ掛けの幅は、基本0.2㎜くらいです。

頸後ろのパーツの肉抜き穴をパテで埋めて工作を終了。

腰の加工

腰フロントアーマーの軸中央で左右にカットして別パーツ化しました。

グシオンはフロントやリアアーマーの裏をパテで埋める工作は行いませんでした。

上の写真の赤丸で囲った部分で、太ももと腰リアアーマーが干渉してしまいます。

赤くした部分を太ももが干渉しなくなるまで削って、クリアランスを確保しました。

マシンガンのマウント部分の左右を削ってクリアランスを確保行いました。

足の加工

太もものフレームの裏側の赤く塗った部分を削りました。

膝関節の赤線を引いた部分を削ってクリアランスを確保しました。

膝関節内部の赤線を引いた部分を削ってクリアランスを確保しました。

スネ側の膝関節が入る部分の左右を削ってクリアランスを確保。

足の裏の肉抜き穴をエポキシパテで埋めました。

最近のHGは足の裏に肉抜き穴がよく開いており、少し前のHGより劣化した部分だと思います。

武器の加工

ハンマーの持ち手の根元とジョイントには凸モールドがあり、それでそれぞれを保持するようになっていますが、それでは塗装が剥がれるので、両方とも削り落としてしまいました。

ハンマーの固定は上から乗っけるだけで、すかすかとなっています。

ハンマーの上と左右の面にヒケが出来ているので、パテで埋めました。

1/144 ガンダムグシオンの塗装記事1はこちら!

『人気ブログランキング』に参加しています。
ポチッとクリック頂ければ励みになります。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク
PC用広告




PC用広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする