1/144 ガンダムバルバトス 製作7

スポンサーリンク
ビッグバナー




HG 1/144 ガンダムバルバトス 製作記事の7回目はMSオプションセット1&CGSモビルワーカーの組み立て等を行いました。

MSオプションセット1&CGSモビルワーカー

付属のバルバトス用の滑空砲のために購入しました。

滑空砲は約17㎝とかなり長い武装でした。

グリップがつくパーツの内部スライドレールの中央部分を切り欠いて後ハメ出来るようにしました。

滑空砲の展開、格納状態を切り替えるには赤枠で囲った部分を砲の本体に出し入れしなければなりません。

塗装のことを考えると、もう1個購入して展開、格納状態で固定したほうがいいと思います。

モビルワーカーは複数あってもいいのですが、ランスとシールドは…

後、バルバトスに取り付けたかったのですが塗装に入ってしまったので、取り付けることが出来ないです。

塗装終了後に取り付けてポージングして楽しもうと思います。

メイスの加工の続き

先端の突起が丸まっていたので、切り取ってビルダーズパーツ『HD 1/144 MSスパイク01』を加工して尖らせました。

サーフェイサー塗装の前準備

関節のピンを中心にマスキングテープをひたすら貼っていきました。

個人的には面倒くさい作業なので、一気に済ませてしまいました。

上の写真のひざ関節の様な部分には、マスキングゾルを塗って塗料がつかないようにしてあります。

メイスや太刀は塗装するときに持ち手でつかめる部分が無かったので、凹モールドが1周あるところでマスキングテープを貼り、2回に分けて塗装するようにしました。

境目はスミ入れを行ってごまかします。

腰サイドアーマーは色分けしなければならないので、赤を塗装後にキット付属のシールを貼り、ふさがっていない箇所にマスキングゾルを塗ってマスキングテープの替わりとしました。

次は滑空砲の表面処理を行いつつ、塗装を進めていこうと思います。

天気が良ければですが…

HG 1/144 ガンダムバルバトス の製作記事8はこちら!

『人気ブログランキング』に参加しています。
ポチッとクリック頂ければ励みになります。

人気ブログランキングへ