1/144 ガンダムバルバトス 製作4

スポンサーリンク
ビッグバナー




HG 1/144 ガンダムバルバトス 製作記事の4回目は胴体と腰の加工を行いました。

胴体

首の横の部分にある肉抜き穴が気になったので、エポキシパテで埋めました。

脇のシリンダー上面は可動する際に干渉すると思うので、シリンダーの上を少しヤスリで削りました。

後はパーティングラインを落としただけです。

首は自作パーツを作っています。

うまくいけば、それを使おうと思います。

定番の腰フロントアーマーを左右に分ける工作をエッチングソーで行いました。

赤いパーツ(D①)の肉抜き穴も気になったので、ここもエポキシパテで埋めて整形。

以前パテを埋めてあった腰リアアーマーをきれいにして、プラとパテの境目にVの字の切り込みを入れ、パテの方を塗装の際にフレーム色にします。

切り込みを入れる際に使用した、ペンチを使用して加工したアートナイフの刃です。

製品のままだと刃の部分が長すぎるので、切り込みを入れる場所の長さに応じて刃を交換して工作を行いました。

現在ここまで工作が終了しました。

頭部とバックパック、武器は構造が簡単なので工作は簡単だと思います。

問題は挟み込みのある腕なので、どう工作しようか考え中です。

HG 1/144 ガンダムバルバトスの製作記事5はこちら!

『人気ブログランキング』に参加しています。
ポチッとクリック頂ければ励みになります。

人気ブログランキングへ