1/144 ガンダムバルバトス 第6形態 製作6

スポンサーリンク
ビッグバナー




HGIBO 1/144 ガンダムバルバトス 第6形態の製作記事の6回目。

今回はレンチメイスの工作について書いていきます。

レンチメイスの加工

以前パテで埋めた肉抜き穴の部分は形を整えました。

レンチメイスの展開する部分は後ハメが難しいと思い、左右のパーツの合わせ目が対象になるように片方に凹モールドを入れました。

ノギスで引っ掻いて線を引く位置を決め、ダイモテープを貼って線をケガキました。

可動部分の左右の赤い線を引いた部分は隙間が少ないので、削ってクリアランスを確保しました。

メイスのグリップと展開するパーツを繋ぐパーツは赤い線を引いた部分を削ってクリアランスを確保。

グリップ側のパーツは展開したパーツを戻す際、赤い枠で囲った部分が塗装したらパーツ同士が当たりそうです。

なので、パーツをはさみ込む方(右上)は接着する前に削った方が加工が楽なので、加工後に接続パーツを挟んで接着しました。

左下の赤枠で囲った部分は後からでも削れるので、接着跡をきれいにするときに多めに削ってクリアランスを確保します。

『人気ブログランキング』に参加しています。
ポチッとクリック頂ければ励みになります。

人気ブログランキングへ

コメント

  1. aoshi より:

    こんにちは、aoshiです。
    自分も経験があります。
    クリアランス不足で塗膜がはがれてしまったというのを何回かやっています。
    すごくブルーになるんですね。
    さすがに処理をされているので、見習いたいと思います。
    次回を楽しみにしています。

  2. シグラム より:

    aoshi様
    私も以前MGでクリアランス確保が不十分で可動や塗装がダメになったことがあり、それ以降はクリアランス確保を念入りに行っています。
    せっかく工作したキットがダメになるのは辛いですから。
    バルバトスの工作はこれで終了ですので、また興味のある記事がありましたら見てください。