1/144 ガンダムバルバトス 製作1

スポンサーリンク
ビッグバナー




HG 1/144 ガンダムバルバトス 製作記事の1回目。

パチ組みして全体のバランスを見てみました。

第1形態でゲート跡を処理しつつ組み立ててあります。

本編終了後に流れたOPには青い肩アーマーを付けて滑空砲を装備したバルバトスが移っていましたが、これが第2形態でしょうか。

初登場のポーズも難なくとることが出来ます。

ポリキャップはPC-002ですが、HGBF等付属のものに比べ、色が濃くなっていました。

左がバルバトス付属のポリキャップです。

キットを組んで驚いたのが、背中にほとんど装甲が無いことでした。

さらに発表されていたイラストから腰が細いことが分かっていましたが、プラモデルの横から見るととても細く感じました。

プラモデルとして気になったのは首回りです。

ポリキャップ下が首周りの白いパーツより前に出てしまっていて、違和感があります。

ここは加工したい部分です。

キットは可動範囲が非常にいいため、戦闘シーンのポーズも再現できました。

グレイズはまだ発売されていないので、ザクⅡF2を代役にしてみました。

最後はパッケージアートっぽくサンライズパースで。

HG 1/144 ガンダムバルバトスの製作記事2はこちら!

『人気ブログランキング』に参加しています。
ポチッとクリック頂ければ励みになります。

人気ブログランキングへ