1/144 グリムゲルデ 製作6

スポンサーリンク
ビッグバナー




バンダイより発売のHGIBO 1/144 グリムゲルデの製作記事の6回目。

今回はグリムゲルデへのダークマターブースターの取り付け方法を書いていきます。

上の写真はブースターの可動範囲を調べてみた結果です。

ダークマターブースターの取り付け

グリムゲルデ背中のエイハブリアクターのモールド上に3㎜の穴をピンバイスで開けます。

この部分は横幅が4㎜くらいしかないので、位置がずれない様に1㎜→2㎜→3㎜径のピンバイスで少しずつ穴を開けました。

ダークマターブースターはブースター部のみを使用して、中心のGNドライブ部分は使用していません。

1/144 グレイズの腕フレームと、腰後ろのブースター基部(グレイズ改では余剰パーツ)を使用して接続しました。

グリムゲルデへ接続するグレイズの腰後ろのブースター基部は、そのままだと左右のピンが長すぎます。

切り取ってグレイズのキットのフレームパーツがまとまっている、D2ランナーの3㎜径の部分を使用して接続軸を作り直しました。

グレイズの腰への接続ピンも切り取って、高い方の段は低い方と同じ高さまで削りました。

厚み1.5㎜、幅4㎜のエバーグリーン製のプラ板に3㎜の穴を開け、ここにもグレイズのD2ランナーの3㎜径を差し込んで接着。

クリアランス確保のため、4㎜幅の部分の左右を少し削りました。

グレイズの腕フレームと1/144 ガンプラバトルアームアームズのB2かB3を加工して基部とブースターを接続するフレームを作成。

グレイズの腕は前腕の一段高くなっているところで分割。

アームアームズのパーツは凸ピン近くの肉抜き穴のところで分割して、上の写真のように接着しました。

ボールジョイントはダークマターブースター付属のものです。

グレイズの腕フレームには外装取付用のピンがあったりするので、まだ加工します。

1/144 グリムゲルデの製作記事7はこちら!

『人気ブログランキング』に参加しています。
ポチッとクリック頂ければ励みになります。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク
PC用広告




PC用広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする