1/144 グリムゲルデ 製作3

スポンサーリンク
ビッグバナー




バンダイより発売のHGIBO 1/144 グリムゲルデの製作記事の3回目。

肉抜き穴を埋めるのと、省略されている顔のセンサー部分の製作を行いました。

肉抜き穴埋め

目の部分のセンサーが無く、内部のグレイズと同じ目玉状のセンサーがむき出しです。

頭部のパーツ内部にメンタームをメイクアップ綿棒で塗り、エポキシパテを詰めてから頭のパーツ(A12)を押し当てて頭部内部から外へパテを押し出してセンサーが部分を作りました。

パテが硬化後、頭部パーツに傷をつけないように慎重にパテで形成したセンサーを取り出しました。

これを削りだして形を整えました。

設定画ではもっと内部にセンサーがあるみたいなので、もっと削るべきですがこのままでもいいような気がします。

前回パテで埋めると言っていた、太ももフレーム内側の肉抜き穴をプラ板で塞ぎました。

トラス状の段差は合った方がいいと思い、1㎜プラ板を切り出しました。

太もも外装を取り付けて目立つところだけ塞いで、見えない部分は穴が開いたままです。

見えなくなるところに力を入れても効果が無いので、必要と思ったところだけでいいかと判断。

足の裏もエポキシパテを詰めました。

足の裏のモールドの設定が分からないので、もともとあった中央部分のプラとパテの境目に凹モールドをアートナイフやミニ彫刻刀で彫りました。

1/144 グリムゲルデの製作記事4はこちら!

『人気ブログランキング』に参加しています。
ポチッとクリック頂ければ励みになります。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク
PC用広告




PC用広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする