HGUC グスタフ・カール 製作3

スポンサーリンク
ビッグバナー




 バンダイスピリッツより発売のHGUC 221 グスタフ・カール(ユニコーンVer.)の製作記事の3回目。

今回は左腕の加工について書いていきます。

また、前回の右腕の加工以降に問題が発生したので、それについても記載していきます。

右腕の加工後の問題点

前回、手首周りのパーツの合わせ目を消すため、エッチングソーで下側の手首周りの部分をカットして上半分に接着しました。

その後、手持ち武器をいろいろ持たせていると接着した部分が取れてしまいました。

ハンドパーツを抜き差ししていてポリキャップが膨らみ、接着している部分が取れてしまったようです。

左腕の写真になりますが、赤い線を引いたポリキャップが接触する部分を削り、ポリキャップが膨らんで接着する部分を圧迫しないようにしました。

後、ポリキャップ左右に補強として2㎜プラ角棒を接着しました。

左腕の加工

肩アーマーや上腕、関節パーツの加工は右腕と同じなので省略します。

グスタフ・カールの右腕の加工はこちら↓

 バンダイスピリッツより発売のHGUC 221 グスタフ・カール(ユニコーンVer.)の製作記事の2回目。 今回は挟み込みのパーツがあ...

右腕と異なる、前腕部の加工について書いていきます。

グレネードランチャーのパーツはマスキングが容易な形状なので、特に加工を行わないでストレートに組みました。

左腕の前腕部も段落ちモールドを彫り、後ハメ加工とします。

手首周りはパーツの合わせ目を消すため、下側の手首周りのパーツを職人かたぎで切り離します。

ポリキャップの影響で、接着後に接着部分が剥がれないように赤い線を引いた内側を軽く削ります。

手首周りのパーツを接着後、内側にくる方だけ2㎜プラ角棒で内側を補強。

外側はグレネードランチャーがあるため、内側のみに段落ちモールドを下側のパーツに彫りました。

外側は上の写真で赤丸で囲った部分に対象になる様モールドを彫りました。

後は右腕と同じく、関節パーツに当たりそうな部分を削って加工を終えました。

『人気ブログランキング』に参加しています。
ポチッとクリック頂ければ励みになります。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク
PC用広告




PC用広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする