1/35 38(t)戦車改 ヘッツァー仕様

スポンサーリンク
ビッグバナー




ガールズ&パンツァーに登場した1/35 38(t)戦車改 ヘッツァー仕様を製作しました。

使用したキットはタミヤの1/35 ヘッツァー中期生産型と、アカデミーの1/35 ヘッツァー 後期型の2つです。

アニメオリジナルの部分はプラ板などで自作しました。

戦車の製作はこれまでに1/72のチハを制作して塗装寸前まで行ったのですが、履帯がなぜかバキバキに割れてしまったので止めてしまいました。

なので、ほとんど製作した経験がなく、慣れない戦車の組み立てを設定資料集とにらめっこしながら制作しました。

塗装の流れ

  1. ある程度分解した状態で基本塗装
  2. デカール貼り、クリアーコート
  3. エナメルブラックでウォッシング
  4. 足回りの汚し
  5. パーツの組立
  6. 足回りの汚しの修正
  7. つや消しクリアーでトップコート

個人的にはこの方法が行いやすかったのでこうなりました。

本職の戦車を制作している方からはありえないと思われそうですが、自分が作業しやすければそれでだと思います。

1/35 38(t)戦車改 ヘッツァー仕様

カラーガイド

金属部分にメタルプライマーを塗装。

ガイアノーツのサーフェイサーエヴォブラックを吹いてから本体色を塗っていきました。

  • 黄:ダークイエロー + Ex-ホワイト(少量)
  • 履帯等:ファントムグレー(ガンダムカラー)
  • マフラー等:レッドブラウン
  • テールランプ(赤):ブライトレッド
  • テールランプ(緑):グリーン

仕上げ

車体上下の接着はエポキシ系接着剤で行ってあります。

劇中では決勝戦前に改造を行って、車体を塗装したりしたので上はあまり汚れておらず、決勝戦前にある程度試乗等を行っただろうから少しは足回りは汚れているだろうとの想定で軽めに汚しを行いました。

とはいえ、戦車に汚しを行ったことがないので結構いい加減に見えそうで怖いですが。

車体下の汚れはタミヤ ウェザリングスティック ライトアースを燃料用アルコールで溶かして軽く汚してみました。

付け過ぎたらアルコールで洗い流せましたのでやり直しが効き、すぐアルコールが蒸発するので乾燥も早かったです。

1/35 ヘッツァー仕様の製作記事1はこちら!

『人気ブログランキング』に参加しています。
ポチッとクリック頂ければ励みになります。

人気ブログランキングへ